[ English | Japanese ]
March 2012

三浦 元喜
(Motoki MIURA)

九州工業大学
大学院工学研究院 基礎科学研究系
准教授 (数理科学研究部門)

履歴 / 論文リスト

研究興味

To appear Presentation(s)

  1. Motoki Miura: (Keynote) Augmented classrooms and creative thinking workspaces: Introducing digital pens for realizing instant communication and collaborations, 14th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS2019), Ho Chi Minh City, Vietnam, (to appear), November 2019. (info)
  2. 中村 祥吾,三浦 元喜:行の強調表示によるテキストの可読性向上に関する研究,情報処理学会インタラクション2020,東京,(to appear),2020年3月.
  3. 三浦 元喜:プログラミング講義における活動種別を考慮したエディタ操作と学生パフォーマンスの分析,情報処理学会インタラクション2020,東京,(to appear),2020年3月.
  4. 三浦 元喜:初学者向けProcessingプログラミング環境におけるコード補完機能の導入と効果,教育システム情報学会論文誌,Vol. 37,No. 2,(to appear),2020年4月.

最近の発表

  1. 三浦 元喜:初学者向けProcessingプログラミング環境におけるコード補完機能の導入と効果,教育システム情報学会論文誌,Vol. 37,No. 2,(to appear),2020年4月.
  2. 三浦 元喜:プログラミング講義における活動種別を考慮したエディタ操作と学生パフォーマンスの分析,情報処理学会インタラクション2020,東京,(to appear),2020年3月.
  3. 中村 祥吾,三浦 元喜:行の強調表示によるテキストの可読性向上に関する研究,情報処理学会インタラクション2020,東京,(to appear),2020年3月.
  4. Motoki Miura: (Keynote) Augmented classrooms and creative thinking workspaces: Introducing digital pens for realizing instant communication and collaborations, 14th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS2019), Ho Chi Minh City, Vietnam, (to appear), November 2019. (info)
  5. Manabu Ito, Motoki Miura: Segment Markers: Improvement of Random Dot Marker to Extend Recognition Distance, 14th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support System, Ho Chi Minh City, Vietnam, pp. 42-45, November 2019, Best Student Paper Runner-Up Award.
  6. Motoki Miura: Analysis of student performance and mutual evaluation activity in creative project-based learning using LEGO mindstorms, The 41st Annual Conference of Japan Creativity Society, Proceedings of International Session, Nomi, Ishikawa, pp. 17-20, September 2019.
  7. 三浦 元喜:プログラミング教育における剰余演算子活用能力を高めるドリル型記述演習問題の導入,情報処理学会情報教育シンポジウム(SSS2019),寝屋川市,pp. 69-75,2019年8月.
  8. Syuuya Tanaka, Motoki Miura: Collaborative Group Label Work System based on Web Technology, Information Engineering Express, International Institute of Applied Informatics, Vol. 5, No. 1, pp. 114-126, May 2019. (info)
  9. 伊藤 学歩,三浦 元喜:紙レスポンスアナライザの適用場面を拡大するための識別用マーカのデザイン,教育システム情報学会論文誌,Vol. 36,No. 2,pp. 98-106,2019年4月. (info)
  10. 中村 祥吾:行の強調表示によるテキストの可読性向上に関する研究,九州工業大学工学部総合システム工学科卒業論文,2019年2月. (pdf)
  11. 前田 斗志:プログラミング演習におけるブロックインタフェースの長期適用,九州工業大学工学部総合システム工学科卒業論文,2019年2月. (pdf)
  12. 岸 兼也:ニューラルネットワークを用いたディジタルペン筆記の改行検出,九州工業大学大学院工学府先端機能システム工学専攻修士論文,2019年2月. (pdf)
  13. 田中 秀弥:グループラベルワークにおける自然言語処理技術の適用とその効果,九州工業大学大学院工学府先端機能システム工学専攻修士論文,2019年2月. (pdf)
  14. Motoki Miura: Block Sweetie: Learning Web Application Development by Block Arrangement, 13th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support System, Pattaya, Thailand, pp. 228-233, November 2018. (pdf)
時系列順に,もっと見る

動画

プロジェクト

Thesis
Processing Web IDE
Sweetie

Sweetie / Sweetie Framework / Block Sweetie

学生計算機で動作する軽量Webエディタ環境

Anchor Garden
AwareResponse
AwareTable
Group LabelWork
Aware Group Home
RodDirect
AirTransNote
Harry
AwarePath
SVNLecture
comDesk

comDesk

複数計算機環境を対象とした画面転送インタフェース
Window aware history
inlineLink

連絡先

804-8550 北九州市戸畑区仙水町1-1 九州工業大学工学部 総合システム工学科 基礎科学研究系
Email: miuramo (at) mns.kyutech.ac.jp
Tel/Fax: 093-884-3429

交通アクセス
Map (google) Detail Route Map (google)

My AJAX Sample


edit